スポンサーサイト

  • 2013.05.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    自己紹介

    • 2013.04.04 Thursday
    • 20:50
    JUGEMテーマ:夫婦生活
     
    初めまして 桜子といいます。


    ブログのタイトルの通り、私の家庭は離婚の寸前まで崩壊しかけました。
    特に夫が会社を退職してから1年間あまりは、呼吸もできないくらい苦しい日々を過ごしてきました。


    始まりは些細な出来事だったかもしれません。
    気がつけば、取り返しがつかないくらい大きな壁になって・・・。


    でも、今はようやく平穏な生活を取り戻しました。


    今だから、客観的に自分自身の気持ちを振り返ることが出来ます。
    自分の気持ちを総整理する意味とともに、同じような境遇にいる方に少しでも参考になればと思い、ブログを書くことにしました。


    そして、私は自分の体験を通して得た教訓や知識をもとに、10数組の夫婦の方々の悩みを解決し、改善させることができました。

    現在は、夫婦問題アドバイザーとして活動しています。

    それができたのも、ある出会いがあったからです。
    そのことも順にお話ししていこうと思います。


    このブログであなたと出会えたのも何かの縁ですね。
    よろしくお願いします。


    さて、現在、私は、滋賀県の琵琶湖のすぐ近くに住んでいます。
    家は2階建ての借家です。
    子供は、大学院に通ってる24歳の長男と、公務員の23歳の長女、それに工場勤めの21歳の次男です。
    DSC02247.JPG

    自動車は以前は8人乗りのセレナだったんですけど、今は主人が退職したのを機に軽自動車に変えています。
    子供も大きくなって、全員で出掛けることもありませんしね…。


    私は現在56歳で主人は55歳なんです。
    少しだけ姉さん女房ですね。


    血液型は私がO型で主人がAB型、そして子供たちがA型とB型なんです。
    一家で全ての血液型が揃ってるので、知人からは何故か「イイナー」と羨ましがられていますけど…。
    (何がイイのかわからないですね…)


    とりあえず、簡単な自己紹介でした。
    次回は、私の子供のころから主人と出会う手前までの話を書きたいと思います。

    (追伸)
    サイドバー下部に「メールフォーム」を設置しましたので、メッセージを送っていただければ嬉しいです。
    必ず返信しますので。
    もちろん、コメントも大歓迎です。よろしくお願いします。

    次の記事へ


    クリックお願いします♪
    にほんブログ村 主婦日記ブログへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    真面目だった青春時代の私

    • 2013.04.05 Friday
    • 10:00
    JUGEMテーマ:夫婦生活
     
    こんにちは 桜子です。


    実は、私の出身は岡山県なんですね。それもちょうど県のど真ん中の山奥です。
    今でも周りは田んぼや山ばっかり。
    小学校や中学校の時は、1時間近く歩いてひと山越えて通いましたよ。


    お陰で、足は(特にふくらはぎ)大根のように太くなりました(-_-;)。


    そんな田舎の家なので、家には牛や鶏がいましたよ。
    田んぼや畑もあったけど、それだけでは経済的にやっていけないので、父親は外に働きに行ってました。


    だから、牛や鶏の世話や畑や田んぼの手伝いまで、小学生の時からやらされましたね。
    それに、父親が無口で、怒るととても怖い存在でした。
    母親は、よく父親から殴られていました。


    普段はおとなしくて温厚な父親なんですけど、酒が入ると人が変わったように周りの人に鬱憤をぶちまけるんです。
    兄や私はよく母親をかばいに入ったものです。(そんな父も今は亡くなっていませんけど・・・)


    家族揃って出かけた事もあまりなかったですけど、一番記憶に残っているのは、小学生の時に岡山駅まで出た時に、デパートの食堂で食べたお子様ランチのことです。
    とても美味しかったな〜。都会の食堂で食べたのはこのときが初めてでした。


    家族と親戚で10人以上で出掛けたんですよ。ちょっとした団体さんですね。
    家族全員で出かける事って本当になかったんですよ。


    それから、実家は凄い田舎なので、当然、商業施設なんてないから、どこかで遊ぶとかいうこともあまりなかったな〜


    私が中学・高校時代はひたすら部活のバレーボールに明け暮れる毎日だったように思います。


    なので、恋愛経験もなかったですね。(片想いの人はいましたけど・・・唐沢寿明似のカッコいい男子でした)


    当時の普段着は上下あずき色のジャージ。これって、日干し女!?


    ホタルノヒカリで綾瀬はるかが演じた天然日干し女そのものだったと思いますよ。その時の私は(汗)。


    高校卒業後は、栄養士の免許を取るために短大へ進学しました。


    あの頃の私は、周りの人が言うのには、「超真面目」
    その頃の私の写真を見たら、黒縁メガネでまるで大正時代の人間みたい・・・って夫からは言われました。


    短大卒業後は、病院の管理栄養士に…
    短大は女子ばっかりだったし、病院も年配の人ばっかりでした。


    でも、ここで夫と出会うことになるんですね・・・。


    次の記事へ


    クリックお願いします♪
    にほんブログ村 主婦日記ブログへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    岡山から滋賀に〜父との別れ〜

    • 2013.04.06 Saturday
    • 10:00
    JUGEMテーマ:夫婦生活

     
    桜子です。こんにちは。


    岡山から滋賀に出てきた私・・・。


    そんな男性経験のない私が、今の夫と出会ったのは皮肉にも父のお陰?でもあるんですけど・・・


    前のブログに書いたように、私の父親はとても酒癖の悪い人でした。
    普段の父と酒を飲んだ父とでは人格が違うくらい変わるんです。
    私はそんな父親が大嫌いでした。


    ある時は、酒を飲んだ父親が暴れ出して母親に暴力を振るおうとするので、母と一緒に家を飛び出した事があります。
    その時は、家の中がお互いの怒鳴り声で騒然としたのを覚えています。
    まさに、地獄でした。


    私が短大を受験する時も、「女は大学なんて行かんでもいいんじゃ」と猛反対だったので、父には内緒で受験しました。


    それで、短大に受かった後は、通学できない距離ではなかったんですけど、寮に入って2年間を過ごしました。
    父親の顔を見るのもイヤだったんですね。


    短大卒業後は、短大の先生の紹介により滋賀県の病院に就職しました。
    家が嫌で、思い切って岡山から出たかったんです。


    病院で勤務を始めて、約2年後に父は交通事故で亡くなりました。
    葬式で岡山の実家に帰った時が、3年ぶりの父との再会でした。


    滋賀に来てから約7年間、必死に仕事を続けていました。
    岡山の山奥と比べると、滋賀も田んぼが多いとはいえ、郊外という感じでした。


    仕事が忙しかったせいもありますけど、遊ぶことに慣れていなかった私は、ほとんど毎日、自宅と職場の間を行ったり来たりしているような生活を繰り返していました。


    そんなある日、夫との出会いがあったんですね。


    次の記事へ


    クリックお願いします♪
    にほんブログ村 主婦日記ブログへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    夫との出会い〜幸せな日々〜

    • 2013.04.07 Sunday
    • 10:00
    JUGEMテーマ:夫婦生活
     
    こんにちは。桜子です。


    平凡な生活を繰り返していた、まさしく「日干し女」の私でした。
    そんな私に転機が訪れたのは、滋賀に来てから8年目を迎えたある日のことでした。


    運命の「彼」は虫垂炎のために、私の勤めていた病院に入院していたんです。
    ひょんなきっかけから、話しをする機会が出来ました。
    たぶん、あんなことがなかったら、付き合うことなんてなかった二人だと思います。
    (ウフフ・・・機会があれば後日、お話しますね・・・)


    彼の実家は大阪で、仕事の都合で滋賀に住んでいました。
    彼も恋愛経験というのが大してなかったみたいで、私との付き合いがほとんど初めてのようでした。


    すごく私に対する接し方がぎこちなくて、言ってることは本当だなって思いました。
    今どき珍しいかもしれませんね。


    たぶん、お互い似たようなところがあったので、気を引かれ合ったのかもしれません。
    それに彼は酒もタバコもやらないんですね。口数は少なく、誠実で優しそうな人でした。
    昔の俳優で言うと、「志垣太郎」似かな?(古いですね。知ってますか?)


    彼との初めてのドライブは、琵琶湖一周でした。
    大津から琵琶湖の周りを右回りでぐるっと回って、途中、高島のきれいな湖岸のベンチに座って、何を喋ったかな〜?
    images.jpg
    あまり覚えてないんですけど、彼がずっと手を握ってくれてたのがすごく印象に残っています。(キスはなかったですけどね・・・)


    そして、私が30歳、彼が29歳のときに家庭を持ちました。
    しばらくしてから、一人目の長男を身ごもり、貧乏でしたけど幸せな日々を過ごしていました。


    長男が生まれた翌年には、長女を出産し、夫もよく二人をお風呂に入れてくれたりしました。


    長男がハイハイできるようになったころからは、ほとんど毎週日曜日は車で県内や京都のいろんなところに出かけました。
    夫自身が家族で行動するのが好きだったみたいで、彼の口癖が、「家族で遊びに行くことが自分のストレス発散になる」でした。


    私が子どもの頃は、家族で遊びに出かけるとか、ほとんどなかったので、このころは本当に楽しく充実していました。


    そして、長女が生まれてから2年後には、次男が生まれました。
    そのころ住んでたアパートが駅から遠く、狭い2Kの間取りだったので、思い切って駅の近くの少し広めのアパートに引っ越しました。
    子供たち

    でも、その頃から徐々に夫婦の歯車が噛み合わなくなり始めたんです・・・。


    次の記事へ



    クリックお願いします♪
    にほんブログ村 主婦日記ブログへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    ★初めての人はコチラからお読みください★

    自己紹介
    ♥夫婦問題アドバイザー♥♥♥
    profilephoto

    マニュアルのフォローは下のメッセージフォームからどうぞ


    「熟年離婚の危機から脱出した主婦の回顧録」を購読する

    Subscribe Now!の中の好きなボタンをクリックして下さい。

    このブログに対するメッセージはコチラから♪

    【クリックお願いします】人気ブログランキング参加中

    クリックしてね♪

    にほんブログ村 主婦日記ブログへ
    にほんブログ村
    恋愛・結婚



    ★ご意見・感想やお問い合わせはこちらまで★

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM